The women outside 3/4

http://m.youtube.com/watch?sns=tw&v=RyIrZFqJ8eA

今日は、どうだった?

あまりいい日じゃなかった。疲れた。もっと理解して欲しいと思うけど、仕事の内容を説明するのは難しいから。僕が抱えてる問題をすべて話すことはできないんだ。うん、ちょっと複雑なんだ。
ジーニーには、焦らないでじっくりやろうねって言っています。今までうまくやってきたし、ゆっくりつき合いながら二人の関係を育てたいんです。僕たちの仲は、少しずつ深まっている。たまに衝突もするけど。うーん、衝突というかお互いの文化の違いを理解し合うことが大切なんだ。僕たちは、東と西の大きく異なる地域の出身者だし、バックグラウンドも凄く違う。育ち方も違うし、偏見じゃなくて、人生に対する考え方も違う。だからなんて言うか、言葉で説明するのは難しいけど、二人の関係が深くなり過ぎる前に、そういう違いをよく理解し合うことが大切だと思う。異文化の出身者同士の場合、一般的な男女の関係と違って、そこが少し難しいかもしれません。でも、ジーニーが凄いと思うのは、厳しい状況を乗り越えてきたこと。

また同じことが起きるかもしれないと心配になることもあります。でも、世間には良い人も悪い人もいる。それを。判断するのは難しいけど、相手が良い人かどうか、私には分かると思う。だから、何が起きても乗り越えていく自信はある。

2 12
あの状況で、できたことは元夫と別れることしかなかったと思う。その後、彼女は韓国に帰国したわけだけど、この国の習慣では、一度、結婚したカップルは離婚しないのが普通です。だからジーニーは、韓国では、のけ者にされた気分になる。誰も理解してくれないからね。彼女にとって、凄く厳しい状況なのは、どこに居ても部外者だと感じてしまうことだと思う。だからその状況から引っ張り出してあげる人間が必要なんだ。ジーニーが何か悪いことをしたわけじゃないからね。彼女はベストを尽くしただけだし、正しい選択だったと思う。

2 48
世間の人達は米軍キャンプの女性たちをどう思っているの?

世間って、韓国人のこと?そりゃあ、変な目で見られているわよ。わたしたちは西洋人の娼婦だと思われている。

じゃあ、アメリカ人からは?

ヤツらだって、同じように思ってるでしょう。アメリカ人が、本気でクラブホステスと結婚したいと思っていると思う?

でも、ホステスと付き合ってるでしょう。

それはそうだけど、ガールフレンドにしたいと思っているわけじゃない。

でも、アメリカ人と結婚するホステスも多いでしょう?

結婚するカップルは多いけど、ホステスと結婚したいと心から願っているわけじゃない。女の方から結婚を、せがむことが多いから米兵は、深い関係になることを避けたがるの。それに、ここに来て長い女たちは、米兵と結婚したがらない。嫌な話をたくさん聞かされてきたからね。

4 08
ユン・クム・イー(Yon Kum Yi)さんはクラブで働いていたときに、キャンプ・ケーシー(Camp Casey)に駐留していたケネス・マークル(Kenneth Markle)という名の米兵に残酷な殺され方をしました。そこでトンドゥチョン市にもあるDuraebangのような救済組織が、ソウル市内の複数の女性団体に協力を求めて、この殺人事件のことを世間に拡散しました。それまでは米兵が犯罪を犯しても、韓国の裁判所に引き渡されて、起訴されることはなかった。でも、このケースは本当に残虐でした。多くの韓国人が、犯人は処罰されるべきだと思っていた。だから、韓国で始めて米兵が韓国の裁判に掛けられ終身刑を言い渡されたんです。ユン・クム・イーの事件が世間に知られているのは、韓国や米国の、主に女性たちが中心になってこの事件の情報を拡散して、抗議したからです。そのおかげで、世間が注目するようになった。


尹今伊殺害事件 Wikipedia
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%B9%E4%BB%8A%E4%BC%8A%E6%AE%BA%E5%AE%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6
〈尹今伊殺害事件(ユン・グミさつがいじけん)は、1992年10月28日に韓国京畿道東豆川市の基地村でバーの従業員の尹今伊(윤금이、Yun Kuem Yi、当時26歳)が在韓米軍第2師団所属のケネス・マークル(Kenneth Lee MarkleIII)二等兵に殺害された事件である。

死亡の原因は、コーラの瓶による顔の陥没とそれによる出血である。遺体発見時、直腸に傘が27cmささり、膣にコーラのボトルが半分ほどささり、口に折れたマッチがはさまり、全身に合成洗剤がまかれていた[1]。

この事件は在韓米軍の犯罪が社会問題として提起され、在韓米軍地位協定(SOFA)改正の動きが本格的に開始されるきっかけとなった。〉


[ハンギョレ21 2011.11.14 第885号] ユン・クミを殺害した米軍犯罪者は今どこに
http://japan.hani.co.kr/arti/h21/9716.html
〈マクルは部屋にあった空のコーラ壜で彼女の額を2回打ち下ろした。血が流れた。ユン・クミ氏の全身とオンドルの床を濡らした。マクルの運動靴にも鮮血が飛び散った。ユン・クミ氏は失神した。マクルは失神したユン・クミ氏の頭をさらに2回コーラ壜で打ち下ろした。ユン・クミ氏はこの時おそらく亡くなった。〉

でもこれはほんの氷山の一角で、過去50年間の米韓関係の歴史には、米軍の韓国の一般市民に対する暴行罪は無数にあります。

5 32
ジーン(ヤン)が生まれ育った村の人たちは、彼女が米軍キャンプタウンで働くようになってからは、帰郷しても歓迎してくれなくなった。それでも彼女は、両親から結婚の許しをもらうために、ボーイフレンドを連れてきた。7年前にジーン(ヤン)が故郷を去ってから、両親の生活ははるかに楽になった。

とても美味しいです。

父があなたの考え方を聞かせてくれって。国際結婚をして、失敗したカップルがたくさん居るけど、あなたが韓国女性と結婚したら、どうやって、いろいろな問題を乗り越えて行くのかって。

二人が愛し合っていれば、問題はないはず。それに、お互いにきちんとコミュニケーションがとれていれば問題はないよね。もし、誰かが君に失礼なことをしたら、その相手に話に行けばいいし、二人が愛し合っていれば大丈夫だと僕は思う。

7 06
海軍の運搬船がシアトルに入港し、朝鮮戦争が生んだ最初の国際カップルが到着した。 船上には、ワシントン州出身のジョン・モーガン軍曹と花嫁のヤン・スーンが乗っている。ヤンはアメリカに上陸する韓国人の戦争花嫁、第一号だ。電話交換手だったヤンは、ダンスパーティーで軍曹と出会った。軍曹の両親も、息子が気に入った相手なら我々も気に入るはずだと言っている。ミセス・ヤン・スーン・モーガンとなった花嫁は、カメラマンのフラッシュを浴びながら、アメリカンスタイルの歓迎を受けた。

7 42
多くの韓国人がアメリカに抱いているイメージは「可能性」「社会的な地位の上昇」「新しい人生」なんです。これが、昔から韓国系移民が抱いているアメリカに対するイメージです。過去は韓国に捨てて、アメリカで生まれ変わるんだってね。

8 13
ハワイ。

8 23
ボーイフレンドのトッドにプロポーズされて12月13日に結婚しました。2ヶ月後に軍から辞令が来て、ハワイに引っ越すことになりました。ハワイに来る前に妊娠していることが分かりました。

8 57
韓国系アメリカ人の多くは米兵と結婚した韓国人女性の子孫です。結婚相手になった米兵は、白人も黒人も居ますが、アメリカに移住すると韓国の親戚を呼び寄せ、その親戚がまた別の親戚を呼び寄せるというように、次から次へと移民が増えて行って、現在の韓国系アメリカ人のコミュニティーができあがりました。わたしが知っているほとんどの韓国系アメリカ人の先祖をさかのぼると、GIの韓国人妻にたどり着きます。彼女たちは、西洋人のプリンセス(娼婦)という、非常に差別的な名前で呼ばれていました。でも、彼女たちこそがパイオニアであり、土台であり、バックボーンであり、アメリカに移住してきた大勢の韓国系移民は、彼女たちのおかげでこの国で生計を立てていくことが可能になったんです。

9 41
とてもうまく行ってると思います。妻はハワイの生活にとてもうまく適応している。ハワイが我々にとって非常にいいのは、ここには韓国系テレビ局もあるし、韓国女性もたくさん住んでいるからです。(Captain Tood Kruse, Hyang Kim-Kruse 夫妻)。確かに、アメリカ人の女性やアメリカ人の妻や、それ以外の人の中にも、妻に、よそよそしい人はいます。言葉の問題が大きいからだと思います。どう、君はどう思う?

どうかな。

少しコミュニケーションをとるのが難しいよね。それと、もしかしたら、偏見や人種差別も少しはあるかもしれない。

偏見を持っていると感じることはある。「彼女は貧しい国から来たのね」「われわれとは違うわ」「なんで米兵と結婚したのかしら」とかね。なんていうか、自分たちと区別したがるのよ。 少し、カチンとくるけど、相手には、頭に来ていることは見せないようにしている。

10 55
朝鮮戦争以来、100万人以上の韓国人女性が米兵の妻としてアメリカにやってきた。米軍キャンプタウンで働いていたのは、その一部だが、外国人と、それも外国の兵士と結婚した彼女たちは、韓国と米国の両方の社会から、白い目で見られてきた。

GIと結婚してアメリカにやってきた彼女たちは、これまで経験したことがない困難に次々と遭遇するかもしれません。移民に対する反感や有色人種に対する人種差別もあるし、社会的に上昇できる理想の地だと思い描いていた国で、実際にはその機会を生かす技能が自分には不足しているんだという現実に気づくこともあるでしょう。そして結局、ナイトクラブやバー、マッサージバーラー、あるいはそれ以外のアメリカの風俗業界で働くようになってしまう場合もあります。

11 53
あそこのバー、フィーニックスやスヌーピーズは、曜日によって値段が違うんだ。この近所はバーだらけさ。(ノースカロライナ州、ジャクソンビル、非番の海兵隊員)。

さっき言ってた、コートスストーリーって何?

コートスストーリーは小柄なフィリピン人の女の子たちが裸で踊ってくれるところ。売春もやってる。この近くの米軍キャンプの海兵隊員の多くが彼女たちと結婚して、アメリカに連れてきたんだ。

米兵の妻なら、なぜバーで働いているの?

離婚した後に別の仕事を見つけられないからだよ。
さ、もう行こうぜ。

一緒に来る?韓国人の女性もいるの?

韓国?ああ居るよ。沖縄の女性も居る。

12 35
米軍は、基地周辺の売春婦と兵士の関係について、何十年も議論を重ねてきました。これまでの歴史を振り返ると、ある一定のパターンがあることが分かります。女性の多くは貧しく、夫から離婚されたケースが多い。離婚した結果、彼女たちは貧困に陥るんです。あるいは、人種的なマイノリティーだから、社会の隅に追いやられて、そういった状況に陥りやすくなるとも言えます。